私の読書

2012年7月16日 (月)

置かれた場所で咲きなさい

先日、私たちカトリック教徒が皆知っている著名なシスター、渡辺和子さんの最新の著書、「置かれた場所で咲きなさい」(幻冬舎)が、一般書店でベストセラーランキング1位になっているという驚きの事実を知りました。

Photo


さっそく、私が住んでいる街にあるブックセンターに出向いてみると、やはり、「ベストセラーランキング」で1位を獲得していることを確認しました。なんという驚くべきことでしょうか。晩年を迎えたひとりの老シスターのエッセーが、日本の多くの老若男女の心をつかむとは!

Googleブログ検索で、「置かれた場所で咲きなさい」を検索すると、たくさんの方が感想をブログに書いておられます。

Googleブログ検索
http://www.google.co.jp/blogsearch?hl=ja


カトリック教徒としての重大な義務感を感じ、さっそく購入して読んでみました。もちろん、渡辺和子さんのことは、それなりに知っていたつもりでした。テレビのカトリック番組「心のともしび」に出演しておられた時には視聴させていただきましたし、私の書棚を探してみると、以前の著作のひとつがありました。渡辺和子さんは多くの著作を著しておられますが、しかし、シスターの著作であること、シスター渡辺が女子校の教育者であることなどから、私は「女性向け」の著作であろうと推察して、失礼ながら、あまり読んだことはありませんでした。

さて、今回の著作を拝読してみて、この著作は、以前からの渡辺和子さんの主張やメッセージが凝縮されてわかりやすく簡潔にまとめられていると感じました。ある意味で、晩年を迎えたシスター渡辺の「遺言」とも受け取れる内容です。

内容は、教育者として若者たちや教育界、一般社会と幅広く交流してきたシスター渡辺の様々な深い経験に裏打ちされた珠玉の言葉集となっています。この著作は、決して教条的にキリスト教の教理を説くのではなく、様々な出会いと経験の中でシスター渡辺が考察し、黙想した実りの分かち合いです。ですから、カトリック教徒向け、というよりは、広く一般の日本人に向けられたわかりやすいメッセージとなっています。

表題からすると、若者たち向け、特に女性たち向けの内容と推察しがちですが、その内容は、85歳を迎えた渡辺和子さんの老境の謙遜で気骨ある達観を表現しているものであり、定年後の世代の男女の方々にも、ぜひ、お勧めしたい内容です。その意味で、全ての老若男女にお勧めできる内容ですから、一般書店でベストセラーになっているのも、うなずける事実です。

それにしても、表題の「置かれた場所で咲きなさい」とは、なんと時節に合った、タイムリーな表題でしょうか。
東日本大震災を経て混迷を深める日本社会、多くの人々の人生が、自分で思い描いたようにはいかなくなっています。この表題が、希望を失い人生に悩む日本の多くの人々の心を惹きつけたのもうなずけます。

夢を抱き、自分の計画の成功を願うことは、人間として必要なことですが、自己実現の願望だけでは、人生の苦悩と困難、失敗や挫折を乗り越えることはできません。

「置かれた場所で咲きなさい」とは、シスター渡辺が宣教師の方からいただいた言葉である「神が植えられた場所で咲きなさい」を、学生たち向けに意訳した言葉だそうです。原文から思うことは、人生の主(あるじ)は自分ではなく、神である、ということです。

自分への神の願いがなんであるのかを考え、神の御心を生きること、神の御旨を受け入れて、その中で感謝と賛美の花を咲かせること、その中に、本当の人生の美しい花が咲きほこるということを、原文は伝えています。

「置かれた場所で咲いた小さく美しき花」である聖母マリアは、「お言葉通りになりますように」(ルカ福音書1章38節)と願いながら、生涯を貫いて神の御心に従い、私たちの人生の模範となられました。その意味で、この著作は、マリアの御心の光を月のように反映しているのだと思います。ですから、渡辺和子さんの、すべての人々へ向けた「母心」は、マリアの御心の反映です。

渡辺和子さんは、この著作を通して、私たち日本のカトリック教徒の母から、日本国民の母のひとりになられたのだと言えるでしょう。

ぜひ、人生に苦悩するあらゆる世代の日本の老若男女に、この読みやすく、わかりやすい珠玉の言葉の著作をお勧めいたします。