« ウルトラマンとウルトラセブンはカトリック?~円谷英二と冬木透~ | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック ~マリア・フォン・トラップの信仰~ »

2013年2月19日 (火)

父の帰天の翌朝に

先月1月14日の成人式の日、あの関東が大雪に見舞われた夜、私の父が帰天(逝去)いたしました。75歳でした。

半年前に末期の食道がんであることがわかり治療を受けていました。

あの日、父は入院中の病院から午前中に自宅に電話を入れてくれて、「今日は雪が降っているから、見舞いには来なくていいよ。」と言ってきました。

夕方、心配でたまらなくなっていた近所に住む妹が見舞いに訪れ、父が吐血して意識が薄れているのを見つけました。その後、2時間ほどであっというまに亡くなってしまいました。妹からの連絡でタクシーに飛び乗った私と母と弟は、心臓の止まった父と対面いたしました。妹が最後を看取れたことが、本当に良かったと神に感謝しています。妹が後に語ってくれたことですが、妹は毎日「お父さんの最後を看取らせてください。」と祈っていたということです。主は、妹の願いを聞き入れてくださいました。

父の人生を思うとき、私にはただただ「本当にありがとう。お疲れ様。」という言葉が繰り返し浮かんでくるだけでした。
父はカトリック教徒ではなかったのですが、高校生の時に「洗礼を受けたい」と言った私と、その後に洗礼を受けた妹と母をゆるしてくれました。そして、家族のそれぞれの十字架を共に引き受けて担ってくれた、善良な日本人でもあった父でした。

私は父が末期の食道がんの宣告を受けてから、父のためにロザリオの祈りいつくしみのチャプレットを頻繁に唱えて主イエスと母マリアに祈りを捧げました。

すべての人のために十字架につけられ、すべての人のために復活された人類の贖い主であるキリストに、父の人生の献身と犠牲、病苦の捧げものを顧みて、父の人生のすべての罪が赦されるように、そして主イエスが無限のあわれみといつくしみの御心を開いて、父を受け入れて、天上の至福の中に迎え入れてくださいますように、と毎日祈りました。

そしてすべての民の御母であり、罪人の拠り所であり、天の門である御母マリアに、父の永遠の救い、永遠のいのちのために、力強く取り次いでくださいますように、と祈っていました。

14日の晩、父の臨終に接して、病室で家族皆でアヴェマリアの祈りを唱え、御母マリアに父の永遠を委ねました。

父の通夜と葬儀は20日、21日に市内の斎場で行われました。我が家の菩提寺である真言宗の住職が来てくれました。父の地域の飲み仲間であった葬儀社の若い社長さんが、心のこもったあたたかな葬儀にしてくれました。

定年後、自治会活動などで働き、様々な役職を仰せつかって奉仕した父のために、自治体関係者の方々、自治会活動の関係者の方々など、たいへん多くの方々がご参列くださって、ただただ感謝の思いで過ごしました。

父の人生は多くの苦しみと困難があり、うまくいかなかったことも多かったのですが、晩年はたくさんの仲間に支えられ、慕われて地域奉仕に献身することができ、本当に恵まれた、幸せな悔いのない晩年を過ごさせたのではないかと感じています。

自宅マンションの自治会の方々が、大勢受付を手伝ってくださったり、しばらく会っていなかった親族とも再会できたりと、葬儀の場とは、やはり日本人の「絆」を確かめる場なのだな、とあらためて感慨深く感じた次第です。


さて、父の帰天の翌朝、とても不思議なことがありました。

父が亡くなった日は、深夜に帰宅しましたが、目が冴えてなかなか眠れませんでした。翌朝、私はごみを出そうとして自室マンションのドアを開けて廊下に出ました。すると、一羽のハクセキレイが舞い降りてきて、私の足元に降り立ちました。そして、ぴょんぴょんと歩きながら、まっすぐに廊下を進み、私を先導して案内するかのように、エレベーターまで進みました。そして、私がエレベーターに着くと、「ピピッ」と鳴いて、さっと飛び立っていきました。こんな珍しい、ユニークな体験ははじめてのことでした。

私の部屋はマンションの6階の一番端の部屋であり、エレベーターまでは一番距離のある部屋です。普通、小鳥というものは、ぴょんぴょんと歩くとしても、行ったり来たり、右に左にと歩き回るのが普通だと思うのですが、このハクセキレイは、私の目の前に降り立ち、まっすぐに長い距離を歩き、エレベーターまで先導してくれました。

なんとも不思議で、私はとてもうれしくなり、「ああ、マリアの使いが来てくれたかな。」と感じました。
それというのも、このハクセキレイは、私がトラピスト修道院の中庭で毎朝出会っていた小鳥と同じ種類の小鳥だったからです。このトラピスト修道院での毎朝の小鳥との出会いは、私にとってとても印象深いものでした。それ以来、私はこの小鳥に出会うと、「マリアの使い」と呼んでいたのです。

きっとこの小鳥は、主イエスと母マリアから遣わされて、父が罪の赦しを受けて天国に入ることを約束し、知らせてくれたのだ、と思いました。天上の国は時折、さりげなく共にいて見守っていることをサインを示して知らせてくださいます。

この小鳥のことを親戚たちに話すと「お父さんが会いにきたね!」と言われました。臨終の時を看取れなかった私のために、父が小鳥となって挨拶に来てくれたのでしょうか。普通の善良な日本人の親族たちにとっては、このように感じるのでしょう。真言宗では、死後49日の間は、霊魂は地上に留まり、罪の清めを受け、そして天上に入るのだということです。カトリックの煉獄と似た教えがあるのですね。

父がすべての罪のゆるしを受けて天上の至福に迎え入れられ、私たち家族を見守ってくれるように、そして永遠の御国で歓喜のうちに再会できるようにと願いながら、これからの地上の信仰の旅路を続けていきたいと思います。



Photo


« ウルトラマンとウルトラセブンはカトリック?~円谷英二と冬木透~ | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック ~マリア・フォン・トラップの信仰~ »

私とカトリック」カテゴリの記事