« 異言の賛美と祈りの力によって ~終わりの預言奉仕者として~ | トップページ | 「2017年の3.11に」 ~終わりの預言奉仕者として~ »

2017年3月11日 (土)

小鳥と終わりと箱舟 ~終わりの預言奉仕者として~

「小鳥と終わりと箱舟」 

ここ数日間の間に、主の霊の促しと照らしによって理解できたことの洞察をお伝えします。
この内容は、霊的、社会的な真実であると、主なる神の御前に預言奉仕者として宣言いたします。

それは、私の前に飛来する小鳥のことについてです。
これは皆さんに以前、記事として書いて説明したことがありますが、私の思い込みや妄想では決してありません。
明らかに、何らかの意思に誘導されて、私の前に、一羽の小鳥(ハクセキレイ)が飛来しています。

小鳥が飛んできたことを意識した最初の日は、以前に説明した通り、私の父が帰天した2013年1月14日の翌日、
1月15日の朝です。これが最初の体験です。この体験については、日本人にわかりやすい説明を試み、ブログに書いています。まずはご一読ください。

「父の帰天の翌朝に」
http://101newlifenet.cocolog-nifty.com/newlife/2013/02/post-a586.html

この朝、私の前に現れたハクセキレイは、マンションの廊下をまっすぐに歩いて、エレベーターまで私を誘導しました。ブログに書いた通り、私の部屋は住んでいる階の一番端で、私の部屋は12号室です。エレベーターから私の部屋まで、12の部屋が並んでいます。この12の部屋が並んでいる長い廊下を、小鳥がまっすぐに歩いて、私をエレベーターまで案内して、ピッと鳴いて、飛び立ったのです。

常識では考えられない、不思議な体験でした。それまでの人生でも、そして、このマンションに住んでからも、そのような自然では考えられない小鳥の動きは、体験したことがありませんでした。これは、何らかの超自然の働きであると、明確に感じました。

その前の晩、父が亡くなった病院の部屋で、私たち家族は、めでたしを唱え、マリア様に父の永遠を委ねました。
父が亡くなる前の日々には、私と母と妹がそれぞれロザリオを祈り、また、私はいつくしみのチャプレットも唱えていました。

15日朝の小鳥は、マリア様が、父が天国へ入ったことを知らせてくれたのではないか、と私は感じていました。あるいは、父がそれを知らせるために小鳥を送ったのではないかと。その時は、それで終わりました。

しかし、その後も、何度も超自然としか思えない方法で、小鳥(ハクセキレイ)の待ち伏せや飛来がありました。どう考えても、偶然とは思えない確率の待ち伏せや飛来なのです。私は暗示にかかっているのでしょうか?何度もそう考えましたが、決してそうではないと思いなおすことばかりです。

主は、小鳥の飛来について、私に霊感で知らせてくださいました。「これは、ノアの時のしるしである。」と。

小鳥の飛来が三位一体の介入による超自然の働きならば、それは神のあふれるいつくしみと臨在のしるし、創造主の全能のしるし、そして、天上の大いなる愛と思いやりのしるし、天が見つめていることのしるしでもあります。

私はハクセキレイが飛来するとき、甘美な平和と喜びに満たされます。小鳥はじっと私のそばにとどまり、周囲を歩き、超自然の働きであることを証しして、飛び立っていきます。

主は、これはノアの時のしるしであると言われます。ノアの時のしるしの小鳥とはなんでしょうか。
神の正義による大洪水が終わったしるしは、オリーブの葉をくわえた鳩の飛来によってです。

私の前に来ている小鳥は、御父の怒りと正義の時を終わらせるために、私を預言奉仕者として、そして、私の家族をこの時代のノアの家族として置いていることを示しています。

この箱舟に入れるのは、私と私の家族に謝罪し、真に償いを果たし、私と私の家族と一致する人々だけです。
これが、ノアの時の正義のしるし、救いのしるしです。多くの日本人は、私に謝罪しないために、この箱舟には入れないでしょう。御父は激しく日本人に怒っておられ、秋田の預言の時、赦しの喪失の時が日本に成就しています。

日本の支配の言葉に誘導された日本人が私に謝罪しなければ、主イエスの預言が日本国にすみやかに成就します。

「命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」
「言っておくが、入ろうとしても入れない人が多いのだ。」

今、450年の宣教の歴史の重大な分岐点に置かれていることを、自覚なさってください。このまま、主の再臨に向けた終わりの日が決定的に早まるのか、それとも、神は慈しみの時を延ばされるのか、です。

救いの箱舟に入ろうと願う人々が多ければ、主は時を与えられるでしょう。

預言奉仕者として、通告します。

2017年3月11日
カトリック聖霊による刷新に連なる三位一体の預言奉仕者であり、
秋田の聖母の使徒、そして終わりの預言奉仕者である、

フランシスコ

« 異言の賛美と祈りの力によって ~終わりの預言奉仕者として~ | トップページ | 「2017年の3.11に」 ~終わりの預言奉仕者として~ »

秋田の聖母マリア」カテゴリの記事